【ボドゲ】スシゴーパーティー レビュー!

今回はボードゲーム「スシゴーパーティー」のレビューを書きました。

 

※感想が多いので、細かいルール説明はありません!
ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を!

 

スシゴーパーティーってどんなボードゲーム?

 

・ゲーム説明:うまくメニューを選んで高得点を取れ!

・プレイ時間:15~20分(プレイした感じだと、もうちょいかかる)

・プレイ人数:2~8人 

・対象年齢 :8歳~

スシゴーパーティー1引用:Hemz Universal Games

 

スシゴーパーティーのルールをざっくり箇条書き!

 

コンポーネント

・カード:181枚
メニューと得点方法が書かれています。
プレイするときは、必要なカードだけを抜き出して使います。

・メニュータイル:22枚
ゲームで使うのは8種類のメニューなので、この中から8枚を選んで使います(デザートカードのみ別で使用)。

・ボード:1枚
中心に8つのくぼみがあるので、そこに今回のゲームで使うメニュータイルをはめ込みます。

・コマ:8個
ボードの周りに置き、ラウンド毎に点数確認のために使います。

 

ゲームの目的

・うまくメニューカードを選び、誰よりも多くの点数を獲得する。

 

 

ゲームの準備(3人プレイを想定)

22枚のメニュータイルから今回のゲームで使う8枚のタイルを選び、ボードのくぼみにはめ込みます。

・選んだメニューのカードだけを抜き取り、裏向きにしてシャッフルし、各プレイヤーに10枚ずつ配ります。

・このとき、デザートカードだけは別で抜き取ってシャッフルし、ラウンド毎に決められた枚数を最初に選んだ8種類のカードと混ぜ合わせて使います。

・全員のコマをボード外周の「0」のところに置きます。

 

アクション

・基本的なアクションは、「全員がカードを1枚選んだら、いっせいにオープンしてそれぞれの手元に置く。残りの手札は左隣の人に渡し、また同じようにカードを1枚選ぶ」です。

 

スシゴーパーティープレイ

 

 

・各プレイヤーは、メニューカードの得点方法に従ってたくさんの点数を取るようにします。

たとえば、こんなカード。

スシゴーカード引用:Hemz Universal Games

裏巻き・・・すべてのカードの左上に3~5個の裏巻きアイコンが描かれています。一番初めに10個集めた人は8点、2番目に集めた人は5点、3番目に集めた人は2点を獲得します。

枝豆・・・自分以外に「枝豆」を持っているプレイヤー一人につき1点を獲得します(最大4点)。

タッパー・・・すでに自分の手元に置いたカードを好きな枚数裏返すことができます。ラウンド終了時に裏返した枚数×2点を獲得します。

うなぎ・・・2枚以上集めていれば7点を獲得しますが、1枚だけだと-3点になります。

 

・すべてのカードを出し終わったら、ラウンド終了です。
得点方法に従い、各プレイヤーの得点を出します。

・出したら、得点の分だけボード上のコマを動かします。

 

・これを3ラウンド行い、もっとも多くの得点を獲得したプレイヤーが勝者となります。

 

 

スシゴーパーティーの感想!

 

○めちゃくちゃおもしろい! 

こりゃおもしろい!

カードを1枚取って回すシステムは、必ずしも最初の手札で決まらないのでいいね。

テーマと相まって、回転寿司にいるような感覚さえある。

あと、集めたいメニューが誰かと被ったりすると、競走みたいになるのもおもしろい。

だけど、あんまりそのカードに固執しすぎると、ほかのプレイヤーが別のカードで点数を取りに行くので、けっこういろいろな配慮が必要。

考えることがいろいろあるのも、おもしろいゲームとして重要だと私は思う。

ラウンドも3回あるから、後半は戦略を変えて高得点のカードを狙いに行くとかもできるからね。

やったことない人は、とにかく一回やってみてほしい。

 

 

○メニューのバリエーションが豊富

このゲームの良いところの一つに、「飽きない」というところがある。

理由はメニューの多さ。

22種類の中から8種類を選ぶので、かなりいろいろなパターンを楽しめる。

初めての人がいれば初心者用のメニューにすればいいし、慣れてる人同士でやるなら玄人好みのメニューにすればいい。

これだけ多くのパターンができるゲームってなかなかないよ。

 

 

〇デザインのポップさも子ども受けすると思う!

初めて見たときに、思わず「これいいな」って言ってしまったくらいほんわかしたデザイン。

色使いもすごく目に優しいし、なんていうか、本当にあったかい絵って感じ。

デザインだけで考えたら、子どもと一緒にプレイするべきボードゲームトップ5に入ってくるかな。

もちろん、すべての要素を含めても、おすすめできるけどね。

 

 

〇3or4人がベスト?

もちろん大人数でも遊べるんだけど、個人的な感覚としては3~4人がベストかなって思う。

理由は、「考えた戦略を実現させるのにちょうどいい難易度」だから。

あんまり人数が多いと、「このカードでこんな風に点数を取ろう!」って思ってもなかなか実現しない。

逆に2人だとすぐできちゃう。
(メニューカードをうまく選べば、そんなことはないのかも)

そういう意味では、3人か4人がいいかなと感じた。

まあでも、人数が多かったらもっとパーティー的になって、それはそれでおもしろいけどね。

 

 

〇最初に得点方法を覚えるのが、小さい子には少しだけ大変かも

ゲームの中では8種類のメニューを扱うので、一番最初のプレイだけは、少し戸惑うかも。

メニュータイルにもしっかり書いてあるから、大丈夫だとは思うけどね。

1回プレイすれば、覚えられる内容だし。

しいて言うとすれば、このくらいよ。

 

知ったかぶりの評価

スシゴーパーティー評価

おもしろいの一言。

寿司好きはプレイ必須。

 

 

こんな人に勧めたい

・盛り上がるパーティーゲームを探している人

・とにかくおもしろいゲームを探している人

・回転寿司が好きな人

 

人気記事 2人専用・2人で遊べるボードゲーム50選!