【ボドゲ】R-Rivals(アールライバルズ)のレビュー

今回はボードゲーム「R-Rivals(アールライバルズ)」のレビューを書きました。

カードを使った心理戦が楽しめる2人用ゲームです。

 

R-Rivals(アールライバルズ)ってどんなボードゲーム?

  • ゲーム内容:相手の思考を読み取り、カードを出せ!
  • プレイ時間:5分~
  • プレイ人数:2人
  • 対象年齢 :10歳~

 

アールライバルズ

引用:Game Life オンラインショップ

 

 

R-Rivals(アールライバルズ)のルールをざっくり箇条書き

 

コンポーネント

・ゲームカード:16枚
赤と青が8枚ずつあります。
各カードには、強さを表す数字と能力が書いてあり、これを駆使して戦います。

 

 

ゲームの目的

 相手の思考を読んでカードを出し、勝負に勝利する

 

アールライバルズ2

引用:Game Life オンラインショップ

 

 

ゲームの準備

・お互いに自分の色のカードを8枚ずつ持ちます。

 

アクション

お互いにカードを伏せ、同時にオープンし、カードの強さで勝敗を決めます。

尚、勝負が引き分けになることもありますが、この場合は次の勝負に持ち越されます。
つまり、次の勝負で勝ったプレイヤーが2回分の勝利を得るのです。

 

〇カードの種類
カードは8種類あり、能力は以下の通りです。
((数字の大きさ、能力)で記載)

  • 道化 ・・・0、勝敗を次の勝負に持ち越す
  • 姫  ・・・1、相手が王子なら、即座にゲームに勝利する
  • 密偵 ・・・2、相手は次の勝負でカードを先に出す
  • 暗殺者・・・3、数字の強さを逆転する(ただし、王子には効かない)
  • 大臣 ・・・4、勝利すると2勝扱いになる。持ち越した場合も有効
  • 魔術師・・・5、相手の能力を無効にする
  • 将軍 ・・・6、次に出すカードの強さが2上昇する
  • 王子 ・・・7、相手が姫の場合、ゲームに敗北する

 

王子に対して姫を出せれば即座にゲームに勝てるので、一発逆転も大いにあり得ます。

 

 

 ゲーム終了

先に4勝したプレイヤーの勝利となります。

 

 

R-Rivals(アールライバルズ)の感想

 

◎白熱した心理戦が楽しめる

このゲームの特徴は、すべてのカードが異なる能力を持つところ。

即座に勝ってしまうカードや勝負を持ち越すカードなど、バラエティに富んでいる。

また、それぞれの能力の塩梅が非常にいい。

どのカードを出すかすごく迷えるのは、カードのバランスがいいからだと思う。

 

 

◎相手が何を出していないのかわかる

お互いに持っているカードは同じなので、何が残ってるのかもわかるんだよね。

なので、出たとこ勝負にはなりにくいから、しっかりした心理戦が楽しめる。

また、4勝っていうのも絶妙なところよ。

全部出した後に合計で勝敗をつける場合、すべてのカードを出さなきゃいけないんだよね。

これだと戦略性はかなり落ちるし、場合によっては終盤の勝負が惰性になってしまう。

対して、4勝したら勝ちなのであれば、使うカードも絞れる。

また、その勝敗によってゲームが長引くかどうかも決まるため、そういった要素を見越しての戦略を練れる。

ここもかなり考えられてるなと感じた。

 

 

〇ラブレターもプレイしてほしい

同じ作者が手掛けているラブレターというボードゲームは、アールライバルズの複数人プレイ版みたいな感じ。

ラブレターのほうが、あっさり勝敗が決することが多いね。

ただ、人数が多いので、この手軽さが逆にいいのよ。

ワイワイのラブレター、じっくり心理戦のアールライバルズといった感じだね。

どっちもおもしろいので、どっちもプレイしてほしい。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「ラブレター」のレビューを書きました。 ※感想が多いので、細かいルール説明はありません!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を! ラブレターってどんなボードゲーム?[…]

ラブレター

 

 

知ったかぶりの評価

アールライバルズ評価

2人プレイのゲームを探しているなら、ぜひプレイしてほしいゲーム。
この評価にしたのは、ラブレターのほうがもう一つ上に付けたから。笑

 

 

 

こんな人に勧めたい

  • 2人で遊べるゲームを探している人
  • 心理戦が好きな人
  • 戦略性のあるゲームも楽しみたい人

 

あわせて読みたい記事

ボードゲームをプレイしていたある日、友人にこんなことを言われました。 海老「ボードゲームってめちゃくちゃおもしろいけど、おしゃれなゲームってあんまりないよね。もう少しおしゃれだったら、もっと若い子たちも[…]

おしゃれなボードゲーム
あわせて読みたい記事

海老「4人プレイで協力系のボードゲームってないの?」「協力が醍醐味のボードゲームを教えてよ!!!」 知ったかぶり「まかせてちょーだい!」  […]

ボードゲーム協力