【ボドゲ】ナンジャモンジャ レビュー!

今回はボードゲーム「ナンジャモンジャ」のレビューを書きました。

 

※感想が多いので、細かいルール説明はありません!
ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を!

 

ナンジャモンジャってどんなボードゲーム?

 

・ゲーム説明:ナンジャモンジャに名前をつけて早く呼ぶカードゲーム

・プレイ時間:15分

・プレイ人数:2~6人(ぶっちゃけ何人でもできる)

 

 

ナンジャモンジャの特徴とルールをざっくり箇条書き!

 

ナンジャモンジャといえば???

・かわいらしい絵柄が特徴のゲーム!

・毎回いろんな名前が出て楽しい!

・年齢関係なくできるゲームの代表格!

 

ゲームの準備

・コンポーネントは、ナンジャモンジャカード60枚(12種類×5枚)の構成。

・すべてのカードを裏向きにしてシャッフルし、山札として真ん中に置く。
・適当な方法で初めのプレイヤーを決める。

 

 

アクション

・手番のプレイヤーは山札からカードを一枚めくり、表向きにして中央に置きます。

この時、カードに描かれているナンジャモンジャに名前を付けます。

この名前はどんなものでもいいです。
Ex)よし子、エリザベス、スポンジ大王、あのときの心

 

・次のプレイヤーも同じように山札から一枚めくります。
ここで2つのアクションに分かれます。

 

○めくったカードが、まだ見たことがないナンジャモンジャだった場合

めくったプレイヤーが別の名前を付け、すでに表向きになっているカードの上に重ねます。

 

○めくったカードが、見たことのあるナンジャモンジャだった場合

すべてのプレイヤーは、そのナンジャモンジャがどんな名前だったのかを叫んでください。

一番初めに叫ぶことができたプレイヤーが、それまで重ねられていたカードを受け取ります。

その後、めくった次のプレイヤーから初めのアクションを行っていきます。

 

 

ゲームの終了

山札がなくなった時点で終了です。

この時、集めたカードの枚数がもっとも多い人が勝ちとなります。

 

 

 

 

ナンジャモンジャの感想

 

◎ルール説明は一切不要!老若男女問わない!

ほんと年齢関係なく遊べるゲームの代表格だと思う。

1回やればだれもが理解できるレベルのルール。

対象年齢が4歳以上ということにも納得。

 

 

◎ナンジャモンジャのイラストがなんともいえない笑

このナンジャモンジャたち。
かわいらしいんだけど、特徴もすごい。

枝豆みたいなのとか、足だけ異常に長いやつとか、コロッケに足生えたみたいなやつとか。笑

とにかくキャラクターのデザインが独特!
色見もすごく優しくて、名前を付けるのが楽しい。

 

 

◎全員が常にゲームに参加している

このゲームはターン制ではないため、常に全員がゲームに参加している状態。

自分の番を待つのが煩わしいと思う人は、気にせずできる。

 

 

○人数が多いとわいわい、少ないとガチ系のゲームになる

人数が多いほうが楽しいのは、間違いない。
人数少ないとかなりガチゲーになる。

みんながどんな名前を付けるのかも楽しむ要素の一つなので、できるだけたくさんいたほうがいいかな。

 

 

△やりこむようなゲームではないかな

シンプルがゆえに、何度もできるゲームではないかな。
ほかのゲームの合間とか、ちょっとした時間にやりたい感じ。

旅行にもっていくゲームなら、ちょうどいいかも。

 

 

知ったかぶりの評価

ナンジャモンジャ評価

いろんな世代に受け入れられるゲームだね。

ほんとに名前のつけ甲斐があるキャラクターばかり。

 

 

こんな人におすすめ

  • みんなで手軽にできるゲームを探している人
  • 旅行にもっていけるようなサイズのゲームを探している人
  • ポップなデザインのゲームが好きな人