【ボドゲ】ナインタイル レビュー!

今回はボードゲーム「ナインタイル」のレビューを書きました。

 

※感想が多いので、細かいルール説明はありません!
ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を!

 

ナインタイルってどんなボードゲーム?

 

・ゲーム説明:お題の通りにタイルを素早く並べ替えるゲーム

・プレイ時間:約15分

・プレイ人数:2~4人

・対象年齢 :6歳以上

 

 

 

ナインタイルの特徴とルールをざっくり箇条書き!

 

コンポーネント

・ゲームタイル:36枚(9×4セット)
裏表にマークが描かれたタイルです。

・お題カード:30枚
完成の図が描かれています。

 

 

ゲームの目的

誰よりも早くお題の通りにタイルを並べる

 

 

ゲームの準備

・各プレイヤーは、9枚のタイルを3×3の正方形になるように並べます。

・お題カードは、山札として置いておきます。

 

 

アクション

・お題カードを1枚めくったら、各プレイヤーはいっせいにタイルを並べ替えます。

・一番最初にそろえた人が、お題カードを受け取ることができます。

・ゲーム終了時に、もっとも多くのカードを手にしていた人が勝利です。

 

 

 

ナインタイルの評価

 

◎楽しい!そして、ほどよく頭が疲れる!

すごくスピード感あふれるゲーム。

ルールはお題通りにタイルをそろえるだけ。

これだけなのにまあ楽しい。笑

1回やれば全員がルールを把握できる簡単さは、本当にすばらしい。

旅先にもっていくにもちょうどいいサイズなのでおすすめ!

ただ、プレイするスペースが少し必要なので、そこだけ注意。

 

 

 

◎競技性がばつぐん!

ボードゲームの多くはプレイヤーが順番にプレイするものが多い。

一方で、ナインタイルはお題カードがめくられた瞬間、一斉に並び替えるため、リアルタイムでほかの人の動きが見える。

ほかの人の「カチャカチャ…」という音も相まって、めちゃくちゃ焦ってしまう。

しかし、そこがおもしろい。

大人が一方的に勝ち越すようなゲームでもないため、子どもから大人までレベルの差を感じることなく遊べる。

 

 

 

◎意外と最後の1枚がそろわない

本当にね、まあー最後の1枚がそろわないのよ。笑

「きたきたきた~!!!」って思ってると、最後の1枚が違うマークで「もお=!」ってなる。

最後まで勝負がわからないので、あきらめずにプレイする!

 

 

◎人数にとらわれないプレイ性!

ナインタイルは「自分がいかに早くそろえるか」がポイントなので、個人競技のようなプレイ感。

なので、人数が多かろうと少なかろうとおもしろさは変わらないかな。

人数を選ばないゲームは貴重だと思う。

 

 

知ったかぶりの評価

ナインタイル評価子どもから大人まで一緒のレベルでできるところは、非常にグッド。

やっぱ競争になるとみんな一生懸命になるよね笑。

 

 

こんな人に勧めたい

・手を動かして遊ぶゲームを探している人

・全員同時参加型のゲームを探している人

・旅行に持っていけるサイズのボードゲームを探している人