【ボドゲ】ジャンドイッチのレビュー|麻雀とサンドイッチの融合

今回はボードゲーム「ジャンドイッチ」のレビューを書きました。

麻雀のように、パンや具材を使ってメニューを完成させていくゲームです。

 

ジャンドイッチってどんなボードゲーム?

  • ゲーム内容:得点の高いサンドイッチを作れ!
  • プレイ時間:20分
  • プレイ人数:2~5人
  • 対象年齢 :8歳~

 

ジャンドイッチ

引用:Board Game Studio SHINOJO

 

 

ジャンドイッチのルールをざっくり箇条書き

 

コンポーネント

・サンドイッチカード:48枚(12種類×4枚)
パンが6種類、具材が6種類でそれぞれが4枚ずつあります。
これらのカードで役となるメニューを作っていきます。

・取材カード:1枚
麻雀で言う「親」を示すためのカードです。
このカードを持っているときに完成させると、2点加算されます。

・メニューカード:5枚
揃え方が描かれているカードです。

・お客さんチップ:40枚
1、5、10ポイントのチップがあります。

 

 

ゲームの目的

 カードを揃えてメニューを完成させ、お客さんチップを集める

 

コンポーネント

引用:Board Game Studio SHINOJO

 

 

ゲームの準備

・サンドイッチカードを裏向きにしてシャッフルし、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。
残りは山札として置いておきます。

・お客さんチップを均等に分けます。

・適当な方法で初めのプレイヤーを決めたら、そのプレイヤーのそばに1周目を表にした取材カードと箱を置きます。

 

 

アクション

大まかな部分は麻雀と似ています。

ゲーム全体の流れはこんな感じ。

  1. 山札から1枚を表にして置く
  2. カードを1枚引いて1枚捨てる
  3. メニューが揃う

詳しく説明していきます。

 

 

①山札から1枚を表にして置く

まず、山札から1枚目を表にして置いておきます。

このサンドイッチカードが、そのラウンドの「人気メニュー」になります。

  • 人気メニュー・・・メニューを完成させたときにこのカードを持っていた場合、枚数×2ポイントが加算される。
    麻雀で言う「ドラ」のようなもの。

 

山札

引用:Board Game Studio SHINOJO

 

 

 

②カードを1枚引いて1枚捨てる

取材カードを持つプレイヤーから反時計回りに行います。

メニューを揃えるために、カードを1枚引いて1枚捨てます。

 

メニューの種類は以下の通りです。

 

メニュー

引用:Board Game Studio SHINOJO

 

見てもらうとわかるように、3枚で出来るメニューと6枚で出来るメニューがあります。

3枚で出来るメニューの場合は、2組作る必要があります。

 

 

POINT

 「バイ」をして手を早めろ!

「バイ」とは、「他のプレイヤーが捨てたカードを使って3枚の組ができる場合に行えるアクション」です。

相手の捨て札をもらい、手札の2枚のカードと一緒に場に出しておき、手札から1枚捨てます。
麻雀で言う「ポン」と「チー」を兼ね備えたアクションです。

※「バイ」をするときは、カードを捨てたプレイヤーに1ポイント払わなければいけません。

 

バイ

引用:Board Game Studio SHINOJO

 

 

 

③メニューが揃う

3枚×2組or6枚×1組のメニューが完成したら、「サンキュー」と宣言します。

どちらの手順で完成したかによって、ポイント計算の仕方が異なります。

  • 山札から引いて完成   ・・・点数を他のプレイヤーの人数で割り、全員がそれぞれ支払う(小数点は切上)
  • 相手が捨てたカードで完成・・・カードを捨てたプレイヤーがすべてのポイントを支払う。

 

POINT「取材カード」が手元にあれば、+2ポイント!

取材カードは、得点を+2ポイントしてくれるため、手元にあるときはより積極的にメニューの完成を目指しましょう。

 

誰かがメニューを完成させたら、そのラウンドは終了です。
また、誰も完成しない状態で山札がなくなった場合も、そのラウンドは終了となります。

ラウンドが終了したら、取材カードを反時計回りに動かし、次のラウンドを行います。

 

 

 ゲーム終了

どちらかの状態になった場合、ゲームを終了します。

  • 全員が取材カードを2回手元に置く
  • 誰かのお客さんチップが0ポイントになる

最も多くのお客さんチップを集めていたプレイヤーが勝者となります。

 

ジャンドイッチの感想

 

◎親しみやすさが良い

麻雀って役が無機質な感じがするし、役の種類も多いので、初心者には敬遠されがち。

対してジャンドイッチは、そんな麻雀参入への障害をすべてクリアしてるよ。

たとえば、「メニューの役を常に確認できる一覧表がある」とか、「サンドイッチが題材なので、役との距離感が近い」とか。

「6枚で完成する」という手軽さも魅力ながら、考える要素も抜群。

手軽な分、盛り上がりもあるよ。

私自身、麻雀も好きだけど、このジャンドイッチもすごくおもしろかったね。

 

 

◎「バイ」がいい味出してる

ゲームの性質上、「バイ」を1回するだけでかなり完成に近づくんだよね。

なので、「バイ」をどんどんすればいいんだけど、ここにポイントの移動が絡むから悩んでしまう。

 

たとえば、Aさんが捨てたカードを「バイ」して、その次の手番で上がれたとする。

この時、自分の役がトリオとコンボだったら2ポイントにしかならない。

また、「バイ」をしたため、Aさんに1ポイント支払っている。

つまり、上がったときの状態は、自分が+1ポイント、ただ捨てたカードを取られただけのAさんも+1ポイントなんだよね。

 

これを考慮すると、「「バイ」するより、もっと良い役を揃えようか」みたいな考えにもなるよ。

この「バイ」のバランスは、かなり良いね。

 

 

◎題材が楽しい

サンドイッチが題材だと、会話も弾んでたのしいよ。

友人A
「俺はカツサンドが好きだからな~」
友人B
「いやいや、健康志向が大事でしょ」
知ったかぶり
「ってか、パンに具材っているか?素材の味を楽しめよ」

みたいに、内容を絡めながら牽制しあえるので、おもしろい笑。

ちなみに、友人とプレイした時は「俺はハムチーズを食パンに乗せる派だから」と言って、謎のメニューを開発してきたので、ビンタしておきました。

 

 

〇プレイするなら3人以上がいいかな

もちろん、2人でも楽しめると思うけど、このタイプのゲームをより楽しみたいなら、多少人数がいたほうがいいかな。

ゲームの性質上、2人だと4回のラウンドで終わっちゃうしね。

私は3人でプレイしたけど、すごく楽しめた。

 

 

 

知ったかぶりの評価

ジャンドイッチ評価

いやー、かなりおもしろいよ。

正直、プレイする前は「これなら麻雀でいいんじゃね?」って思ってたけど、手軽さや題材との相性、ジャンドイッチ独特のプレイ感を感じたので、すぐに考えが変わった笑。

麻雀が好きな人はもちろん、そうでない人もすぐにルールを覚えて楽しめるゲーム。

 

 

こんな人に勧めたい

  • 麻雀が好きな人
  • 程よい思考要素のあるゲームをしたい人
  • サンドイッチに目がない人

 

あわせて読みたい記事

海老「ビデオ通話しながらできるボードゲームってないのかな?」「コロナのせいで外に出られない!ビデオ通話でもボードゲームしたいな…」 このようなお悩みを解決します。 […]

ビデオ通話アイキャッチ
あわせて読みたい記事

海老「ブラフ系のボードゲームが好きなんだけど、あんまり知らない…」 知ったかぶり任せてください、ご紹介します。   本記事のテーマ【ウソをつい[…]

あわせて読みたい記事

海老「ボードゲームカフェの相席に興味あるけど、どんな感じなんだろう?」 知ったかぶり「お話します!」   本記事のテーマ【実体験】ボードゲーム[…]