【ボドゲ】ごきぶりデュエルのレビュー

今回はボードゲーム「ごきぶりデュエル」のレビューを書きました。

ごきぶりを自分の陣地に引き寄せるゲームです。

 

ごきぶりデュエルってどんなボードゲーム?

  • ゲーム内容:ごきぶりをおびき寄せろ!
  • プレイ時間:15~25分
  • プレイ人数:2人
  • 対象年齢 :8歳~

 

ごきぶりデュエル

引用:メビウスゲームズ

 

ごきぶりデュエルのルールをざっくり箇条書き

 

コンポーネント

・ゲームボード:1枚
9×4マスの縦長のボードです。

・ごきぶりコマ:4つ
このごきぶりを奪い合います。

・〇×タイル:4つ
〇のタイルが3つ、×のタイルが1つです。

・王様ごきぶりコマ:1つ
一度に2マス進むコマです。
特殊ルールで使用します。
(今回は割愛)

 

 

ゲームの目的

 相手を出し抜いて、ごきぶりを自分の陣地に引き寄せる

 

ごきぶりデュエル2

引用:メビウスゲームズ

 

 

ゲームの準備

・ボード上の中央4マスにごきぶりコマを配置します。

・適当な方法で「だまし屋」と「予想屋」を決めます。

 

 

アクション

だまし屋と予想屋は、それぞれ以下のアクションを行います。

  • だまし屋・・・○×タイルを並べる
  • 予想屋 ・・・〇のタイルがどこにあるか当てる

 

〇だまし屋

予想屋が×を選ぶ場所を予想し、4つのタイルを並べます。

ごきぶりデュエル1

 

 

〇予想屋

どこに〇のタイルがあるかを予想し、選んでいきます。

を選んだ
みごと〇のタイルを選んだ場合は、その列のごきぶりコマを1マス自分側に動かします。
その後、再びタイルを選びます。

ごきぶりデュエル2

 

 

×を選んだ
×のタイルを選んでしまった場合は、ひっくり返していないタイルの列のごきぶりコマを相手側に1マス移動させます。
その後、だまし屋と予想屋を交代します。

ごきぶりデュエル3

 

交互にだまし屋と予想屋をプレイし、ごきぶりコマを自分側に引き寄せていきます。

 

 

 ゲーム終了

ごきぶりコマのうち、どれか1つでも自分の陣地の一番手前に引き寄せたプレイヤーの勝ちとなります。

 

 

 

ごきぶりデュエルの感想

 

◎シンプルな心理戦

ごきぶりポーカーの2人用みたいなイメージかな。

内容は非常にシンプルで、ザ・心理戦みたいな感じ。

迷ってくると全部×なんじゃないかと思えてくる笑。

 

 

〇×の置き場所が重要

×の列は絶対にコマが相手側に行かないんだよね。
なので、それを考慮して置いていく必要がある。

ゲームが進んでいくと、ごきぶりの場所も変わるため、この部分がさらに重要になってくるね。

相手側に行ったごきぶりの列に×を置いて、それ以上進めなくするのが無難。
でも、それを逆手にとってこちら側に引き寄せる可能性を作るか。

非常に悩ましいね。

 

 

△ルールに目新しさを感じなかった

当たれば自分側に、そうじゃなければ相手側に。
ここに何かもう一つあったら良かったな。

たとえば、シトラスポット。
あれはレモンを重ねることができたり、一度チェックしたオレンジも再チェックできるなど、細かいところで重要なルールが多い。

心理戦はシンプルなものも複雑なものも好きなんだけど、個人的には後者のような、いろんなルールをうまく使った心理戦のほうが好みかな。

 

 

△ごきぶりを引き寄せたら勝ち?

ごきぶりポーカーは、嫌な動物を相手に押し付けるゲームだった。
対して、このごきぶりデュエルはなぜか引き寄せたほうの勝ち。

正直、プレイするまではルールを間違えて覚えてたね。
相手に押し付けるもんだとばかり。

細かいところだけど、なんかしっくりこなかったな。

 

 

知ったかぶりの評価

ごきぶりデュエル評価

少し辛めの評価。
特にこういったシンプルな心理戦は個人差があると思う。

 

 

 

こんな人に勧めたい

  • 2人で遊べる心理戦ゲームをやりたい人
  • ルールがシンプルなゲームをやりたい人
  • ごきぶりOKな人

 

あわせて読みたい記事

ボードゲームをプレイしていたある日、友人にこんなことを言われました。 海老「ボードゲームってめちゃくちゃおもしろいけど、おしゃれなゲームってあんまりないよね。もう少しおしゃれだったら、もっと若い子たちも[…]

おしゃれなボードゲーム
あわせて読みたい記事

海老「3人で遊べるルールが簡単なボードゲームないかな」「初心者や子どもでもプレイできる簡単な3人用ボードゲームってどれだろう?」 こんな疑問をお持ちの方必見です。  今[…]

ボードゲーム3人簡単