【ボドゲ】チャオチャオのレビュー

今回はボードゲーム「チャオチャオ」のレビューを書きました。

サイコロの出目をうまくごまかして橋を渡り切るゲームです。

 

チャオチャオってどんなボードゲーム?

  • ゲーム内容:嘘を混ぜながら橋を渡り切れ!
  • プレイ時間:20~25分
  • プレイ人数:2~4人
  • 対象年齢 :8歳~

 

チャオチャオ1

引用:メビウスゲームズ

 

 

チャオチャオのルールをざっくり箇条書き

 

コンポーネント

・箱:1個
外箱の蓋を開けると、それがそのままボードになっています。
中央に穴が開いており、また、外面には1~8までのゴール地点があります。

・橋:1個
箱の穴をまたぐように架ける橋です。
ここを渡り切ることを目的とします。

・冒険者コマ:28個(4×7個)
4色の冒険者コマが7個ずつあります。

・サイコロ:1個
1~4の数字と2つの×が書かれている特殊なサイコロです。

・カップ:1個
サイコロの出目が他のプレイヤーに見えないようにするためのカップです。

 

 

ゲームの目的

 3つの冒険者コマに橋を渡り切らせる

 

チャオチャオ2

引用:メビウスゲームズ

 

 

ゲームの準備

・ボードの箱に橋を架けます。

・各プレイヤーは自分の色の冒険者コマを受け取り、そのうちの1つをスタート地点に置きます。

・適当な方法で初めのプレイヤーを決めます。

 

 

アクション

手番のプレイヤーは、他の人に見えないようにカップの中でサイコロを振ります。

振ったら、サイコロの出目を宣言します。
この時、嘘をついてもかまいません。

 

POINT×の目が出た場合は、必ず嘘をつかなければなりません。
確率的に1/3なので、けっこう出ますよ。

 

他のプレイヤーからの指摘がなかった場合は、宣言した数だけ自分のコマを進め、手番を渡します。

 

他のプレイヤーから「ブラフだ!」と指摘があった場合、以下の2パターンで判断します。

  1. ブラフが見破られた
  2. ブラフではなかった

 

 

①ブラフが見破られた

自分の嘘が見破られてしまった場合、自分のコマは橋から落ちてしまいます。

また、嘘を見破ったプレイヤーは、嘘をついていたプレイヤーが初めに宣言していた数だけ、自分のコマを進めることができます。

 

 

②ブラフではなかった

嘘をついていなかった場合、「ブラフだ!」と指摘した相手のコマが橋から落ちてしまいます。

また、嘘をついていなかったプレイヤーは、初めに宣言した数だけ自分のコマを進めることができます。

 

 

コマを進めていきゴールしたら、ボード上の1~8が書かれたマスのうち、最も数字が小さいマスに置きます。

そしたら、新たな冒険者コマをスタート地点に配置します。

 

 

 ゲーム終了

先に3つの冒険者コマをゴールにたどり着かせたプレイヤーが、勝者となります。

上の条件に該当するプレイヤーがいなかった場合は、ゴールしたコマの下に書かれている数字の合計で競います。

 

 

 

チャオチャオの感想

 

◎必ず嘘をつかなきゃいけないドキドキ感がいい

たとえば、ごきぶりポーカーとかって必ずしも嘘をつく必要がないんだよね。

事前に嘘をつくかどうかの選択をできるため、ある意味気持ちを整えやすい。

対してチャオチャオの場合は、×が出たら強制的に嘘をつかなきゃいけない。

なので、直前まで自分さえもどうなるかわからないんだよね。

こういう「咄嗟の嘘」をつくときは、気持ちがの整理ができないから、本当にドキドキする。

このしどろもどろな感じが味わえるゲームは、あんまりないんじゃないかな。

 

 

 

◎攻撃的な嘘じゃないからプレイしやすい

嘘が題材のゲームって、けっこう「嘘をつくこと」自体が攻撃的なアクションになりやすいんだよね。

対してチャオチャオの場合は、どちらかと言えば自分を守るための嘘。

トランプゲームのダウトなんかもそうだけど、このタイプの嘘だとあんまりギスギスしないから、遊びやすさがある。

もちろん、相手を攻撃するような嘘が魅力のゲームもあるし、私もそういうゲームは好きだけどね。

 

 

 

〇けっこうゴールできない

ゴールまでが9マス。
サイコロの出目を考えると3~5回くらいは振らなきゃいけない。

単純な計算なら1~2回の×が出ることになる。
つまり、けっこう嘘をつかなきゃいけないんだよね。

なので、ブラフの指摘も必然的に多めになる。
結果、なかなかゴールできない笑。

ブラフの指摘を外した側のコマが、「〇マス戻る」とかじゃなくて「落ちる」だから厳しいね。
相手が宣言した数だけ戻るとかなら、良い感じになるんじゃないかな。

 

 

 

知ったかぶりの評価

チャオチャオ評価

すごく遊びやすいブラフ系ゲームだね。

ちなみに、「チャオチャオ」はイタリア語で「さようなら」を意味するらしい。
また、作者のアレックス・ランドルフさんは、アメリカ出身。

つまり私は、アメリカの作者さんが作ったイタリア語で「さようなら」を意味するゲームを日本語版でプレイしていたということ…。

なんとも多国籍。

 

 

 

こんな人に勧めたい

  • ブラフ系のゲームがやりたい人
  • 手軽に遊べるゲームが欲しい人
  • 2~4人で遊べるゲームがやりたい人

 

あわせて読みたい記事

海老「ビデオ通話しながらできるボードゲームってないのかな?」「コロナのせいで外に出られない!ビデオ通話でもボードゲームしたいな…」 このようなお悩みを解決します。 […]

ビデオ通話アイキャッチ
あわせて読みたい記事

海老「心理戦が楽しめるボードゲームないかな?」「相手の心理を読み解く要素のあるボードゲームがやりたい!」 こんなボードゲームをお教えします!  本記事のテーマ【読み[…]

心理戦アイキャッチ
あわせて読みたい記事

海老「トランプに飽きちゃったんだけど、他にゲームないのかな?」「大富豪とか神経衰弱以外にも、思考要素のあるトランプゲームを知りたい!」 知ったかぶり任せてください! […]

トランプアイキャッチ