【ボドゲ】ブムントゥのレビュー

今回はボードゲーム「ブムントゥ」のレビューを書きました。

動物たちの効果をうまく使いながらコマを動かし、点をゲットしていくゲームです。

 

ブムントゥってどんなボードゲーム?

  • ゲーム内容:族長コマを動かして動物タイルをゲットしろ!
  • プレイ時間:30分
  • プレイ人数:2~5人
  • 対象年齢 :10歳~

 

ブムントゥ

引用:Arclight Games

 

 

ブムントゥのルールをざっくり箇条書き

 

コンポーネント

・ゲームボード:1枚
8×8マスのボードです。

・動物タイル:80枚(10種類×8枚)
キリン・サイ・シマウマ・ゾウ・タランチュラ・チンパンジー・ブラックマンバ・フラミンゴ・ライオン・ワニの10種類の動物がいます。
ゲームで使うのはこの中の8種類、つまり64枚のタイルになります。
また、各タイルには、動物のマークのほかにアイコンが描かれています。

・族長コマ:5枚
動物タイルの上を動かすコマです。

・プレイヤーディスク:5枚
得点表に置きます。

・動物勢力表:1枚
動物の勢力表のとなりに得点表も描かれています。
勢力表では、各動物たちがどんな点数に変わるのかが描かれています。

・勢力マーカー:10枚
動物勢力表に置いて、どの動物がどんな点数に変わるのかを示します。

・食料トークン:32個
手番でもっと移動したいときに使います。

・ついたて:5枚
ゲットした動物タイルをここに隠します。
裏面には動物タイルごとのアクションや流れが書かれています。

 

 

ゲームの目的

 得点の高い動物タイルを集め、誰よりも多くの点数を獲得する。

 

ゲームの準備

・10種類の動物タイルから8種類を選び、裏向きにしてシャッフルし、ボード上に並べます。並べ終わったら、オープンします。

・勢力マーカーを裏向きにしてシャッフルし、動物勢力表に配置します。
配置し終わったら、オープンします。

・適当な方法で初めのプレイヤーを決めます。

・初めのプレイヤーから順に、外周の動物タイルの好きなところに族長コマを置きます。

 

 

アクション

基本的なアクションは「族長コマを移動させる」こと。

移動の仕方には2種類あります。

  • 周囲の1マスに移動する
  • 動物タイルの能力を使って移動する

 

 

〇周囲の1マスに移動する

族長コマをたて・よこ・ななめに1マス動かすことができます。

移動した先に動物タイルがなくてもOKです。

 

〇動物タイルの能力を使って移動する

動物たちには様々な能力があり、移動のときに使うことができます。

また、動物タイルの能力を使って移動した場合は、移動元の動物タイルを獲得できます。

こちらも、移動した先に動物タイルがなくてもOKです。

 

動物たちの能力は以下の通りです。

  • キリン
    好きな方向に1~3マスで移動したい分だけ移動する
  • サイ
    方向を決めたら、壁にぶつかるまで一直線に進む。
    進路上にほかの族長コマがあったら、一緒に壁まで移動させる。
    (ゾウのタイルがあったら、手前で止まる)
  • シマウマ
    たて・よこの1方向に何マスでも移動できる。
  • ゾウ・・・1方向にちょうど2マス進める。
    ゾウタイルの上にいる族長コマは、ほかのプレイヤーの手番で動かされることはない。
  • タランチュラ・・・好きな方向に1~2マスで移動したい分だけ移動する。
    移動後、族長コマの乗っていないタイルを一つ選び、空いている場所へ移動させる。
  • チンパンジー・・・ななめの1方向に何マスでも移動できる。
  • ブラックマンバ・・・好きな方向に1~2マスで移動したい分だけ移動する。
    移動後、隣接する族長コマがあれば、離れるように1マス移動させる。
  • フラミンゴ・・・ほかの族長コマのいないフラミンゴマスに移動し、そのあと1マス移動する。
  • ライオン・・・1方向にちょうど3マス進める。
    移動した後、任意で1つの族長コマを選び、同じ方向へ1マス移動させる。
  • ワニ・・・好きな方向に1~2マスで移動したい分だけ移動する。
    ほかの族長コマがいるタイルにも移動でき、移動した場合は、その族長コマを1マス移動させる(ゾウは効かない)。

 

 

また、各タイルには、動物マークとともに4つのアイコンが描かれています。

アイコンにも効果があり、動物タイルを獲得することでその効果を発揮します。

  • 食料アイコン・・・食料トークンを1つ獲得します。
  • 動物勢力アイコン・・・獲得した動物タイルと同じ動物の勢力マーカーを、上の動物か下の動物と入れ替えることができます。
  • ニキーシアイコン・・・ゲーム終了時、たくさん持っているほどボーナスポイントがもらえます。
  • ヨワアイコン・・・ゲーム終了時、一番多く持っていたプレイヤーに6ポイント、二番目に多く持っていたプレイヤーに3ポイントが与えられます。

 

POINT手番の初めに食料トークンを消費すると、消費した分だけさらに移動することができます。

 

移動させたら手番を交代します。

 

 

 

 ゲーム終了

動物勢力アイコンを持つ動物タイルがなくなった時点でゲーム終了です。

動物勢力表をもとに得点計算をします。

もっとも多くの点数を獲得したプレイヤーが勝利となります。

 

 

 

ブムントゥの感想

 

◎かなりおもしろい

1つの動物を集めようとすると、その動物でしか得点が取れなくなる。

かといっていろんな動物を集めようとしすぎると、今度は得点にならなくなる。

このバランスが絶妙。

加えて、勢力表の変化というのが常に頭を悩ませる。

目まぐるしく状況が変化するゲームなので、その時その時でいかに良い判断をできるかが求められる。

私が好きなラミーキューブやハイパーロボットとは違った頭の使い方を要求されるゲームだなと感じた。

ラミーキューブやハイパーロボットは、いうなれば「ある1点に集中して深堀りしていく」という感じ。

ブムントゥは「あらゆる要素を整理し、正しい状況判断を行い、最善の1手を探す」という感じ。

とにかく一度プレイすることをおすすめする。

 

 

◎コンポーネントのワクワク感がエグイ

初めて見たとき、めちゃくちゃワクワクしたよ。

いろんな動物たち、壁画チックなデザイン、ボードの背景に書かれたジャングル、動物勢力表のちょっと薄暗い感じ、族長という設定。

一目見ただけで「これ絶対おもしろいだろ」って思った。

完全に個人的な感想だけど、コンポーネントだけで見たら、好きなボードゲームランキングTOP5に確実に入る。

それくらい出来がいい。

 

 

〇同じ動物タイルは全部で8枚

動物勢力表を見ると、多くの場合で「その動物タイルを多く持っている1位と2位に得点が与えられるという仕組みになっている。

ここで考えたいのは、そもそもの動物タイルの数。

動物タイルは1種類で8枚しかないので、4枚もしくは3枚集めれば、独占率1位になれることが多い。

ここをしっかり理解しているといないとで、かなり行動に差が出るかな。

 

 

〇プレイするなら絶対に3人以上

「動物タイルを多く持っている1位と2位が得点をもらえる」という仕組みなので、2人プレイだとあんまりバチバチ感がない。

また、動物タイルも好きなように取れてしまうので、面白味もあまり感じられないかな。

やるなら絶対に3人以上からがおすすめ。

人数が多いほうが、どの動物タイルを集めるかの戦略的な部分が増したり、思考要素が強くなったりするよ。

 

 

 

知ったかぶりの評価

ブムントゥ評価

かなりおもしろいね。
プレイする前からこれだけワクワクしたゲームは久しぶり。

 

 

 

こんな人に勧めたい

  • 2~5人で遊べるゲームを探している人
  • いろんな要素が入り組んだゲームがやりたい人
  • 動物が好きな人

 

 

あわせて読みたい記事

海老「ビデオ通話しながらできるボードゲームってないのかな?」「コロナのせいで外に出られない!ビデオ通話でもボードゲームしたいな…」 このようなお悩みを解決します。 […]

ビデオ通話アイキャッチ
あわせて読みたい記事

海老「心理戦が楽しめるボードゲームないかな?」「相手の心理を読み解く要素のあるボードゲームがやりたい!」 こんなボードゲームをお教えします!  本記事のテーマ【読み[…]

心理戦アイキャッチ