4人で遊べる協力系ボードゲーム8選

エビ
海老
「4人プレイで協力系のボードゲームってないの?」
「協力が醍醐味のボードゲームを教えてよ!!!」

 

知ったかぶり
「まかせてちょーだい!」

 

 

 本記事のテーマ

4人で遊べる協力系ボードゲーム8選

 

協力系のゲームって案外少ないんですよね。
そんな中でも、今回は私が遊んだことのある協力系ゲームを8つ選びましたので、ぜひ見ていってください。

 

また、今回は以下の3つの項目に分けました。

ぜひ参考にしてください。

  • みんなで・・・全員で協力し、一つの目標に向かう
  • 2 vs 2   ・・・2つのチームに分かれる
  • 変化球 ・・・ちょっと特殊な協力系

 

知ったかぶり
もちろん、すべて4人で遊べますからね。
それでは、紹介していきます!

 

 

 4人で遊べる協力系ボードゲーム【みんなで】

 

Ito

Ito

引用:Arclight Games

  • ゲーム説明:価値観のズレを考慮しながらカードを出せ!
  • プレイ時間:30分
  • プレイ人数:2~10人
  • 協力タイプ:全員で協力

 

〇どんなゲーム?

みんなの価値観のズレがとても楽しいゲームです。

各プレイヤーには、1~100までの数字カードのうち1枚が配られます。

そこにお題が1つ与えられますので、プレイヤーたちは「自分のカードの数字はお題に当てはめると何なのか」を考え、議論します。

例)
人気なおにぎりの具

  • 90の人・・・ツナマヨ
  • 34の人・・・鳥五目
  • 55の人・・・昆布

みんなで話し合っていく中で、小さい数字の人から出していければ成功です。

 

 

〇知ったかぶりの評価

知ったかぶり

老若男女問わず遊べる協力ゲームと言えばこれよ。

人によって「それそんなに大きい数字かよ笑」みたいなことが起こるので、そのズレがすごく楽しいね。
また、数字カードが近いとやっかいよ。

たとえば、人気な乗り物で
95・・・気球
98・・・スペースシャトル
とかね笑。

プレイしてみると思っているよりもうまく進まないんだけど、このゲームはどちらに転んでもおもしろいのがいいよ。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「Ito(イト)」のレビューを書きました。 ※感想が多いので、細かいルール説明はありません!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を! Itoってどんなボードゲーム?[…]

 

 

 

ザ・ゲーム

ザ・ゲーム

引用:Arclight Games

  • ゲーム説明:カードをうまく出してすべて出し切れ!
  • プレイ時間:15~30分
  • プレイ人数:1~5人
  • プレイ人数:全員で協力

 

〇どんなゲーム?

カードを昇順or降順に出していくゲームです。

プレイヤー全員で数字カードを出し切ることを目指します。

各プレイヤーには、シャッフルした2~98のカードから6枚ずつ配られ、残りは山札となります。

場には100のカードと1のカードが2枚ずつあり、それぞれ降順、昇順にカードを出すことができます。

自分の手番では、カードを2枚以上出さなければいけません。

ただ、もし場のカードと差がちょうど10のカードを持っていた場合、降順・昇順関係なく出すことができるのです。

最低でも残りのカード数を10枚にしなければならないので、想像以上に難しいゲームです。

 

 

 

〇知ったかぶりの評価

知ったかぶり

カードの出しかたはItoにも似てるんだけど、こっちのほうが戦略性あるね。

勝利を勝ち取るには、ほぼすべてのカードを出し切らないと勝てないから、かなりうまくカードを出す必要がある。

10の差を利用してうまく出せたときは、かなり気持ちいいね。笑

これもカードだけで出来ちゃうから、お手軽なゲームではあるよ。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「ザ・ゲーム」のレビューを書きました。昇順or降順でカードを出していき、すべてのカードを出し切れば完全勝利という全員協力型のゲームです。 ザ・ゲームってどんなボードゲーム? ゲーム説[…]

ザ・ゲーム

 

 

 

ジャスト・ワン

ジャストワン

引用:Arclight Games

  • ゲーム説明:他の人と被らずにヒントを出せ!
  • プレイ時間:20分
  • プレイ人数:3~7人
  • プレイ人数:全員で協力

 

〇どんなゲーム?

被らないようにお題のヒントを出すゲームです。

プレイヤーの中から回答者を一人選び、そのほかはヒントを出す側に回ります。

回答者だけが見えていないお題が出されるので、それに合う単語1文字のヒントを考えます。

ヒントが揃ったら、回答者に見せる前に全員でオープンします。

このとき、被っているヒントがあったら、そのヒントは没収です。

残されたヒントで回答者が当てられれば、クリアとなります。

 

 

〇知ったかぶりの評価

知ったかぶり

ヒントが被ると却下される、それだけなのにすごく楽しいね。

できるだけ被らないヒントを出そうとすると、逆にそれで被っちゃったりね笑。

ヒントを書くためのイーゼルもちゃんとしたつくりなので、本格的なクイズをやっている気分。

これなんかワイワイ盛り上がるから、大人数の集まりとかにもピッタリだと思う。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「ジャスト・ワン」のレビューを書きました。みんなで被らないようにヒントを考える、全員協力型のゲームです! ジャスト・ワンってどんなボードゲーム? ゲーム説明:被らないようにヒントを出[…]

ジャストワン

 

 

 

花火

花火

引用:Hobby JAPAN

  • ゲーム説明:5色の花火を打ち上げろ!
  • プレイ時間:30~45分
  • プレイ人数:2~5人
  • 協力タイプ:全員で協力

 

〇どんなゲーム?

赤・青・黄・緑・白の5色の花火を協力して打ち上げるゲームです。

それぞれの色の花火は1~5段階あり、数字の小さいカードから出していく必要があります。

カードの出しかたは、七並べの要領だと思えばわかりやすいかと。

ただ、このゲームで見えているのは、周りの手札のみ。

自分の手札は見ることができません。

なので、お互いにヒントを出し合いながらカードを出していくのです。

5色の花火を5段階打ち上げられたら、完全勝利となります。

 

 

〇知ったかぶりの評価

知ったかぶり

「察する」のがすごく大事なゲームだね。

出せるヒントが限られているので、「なぜそのヒントを出したのか」というのを考える必要がある。

うまく相手の思考を読み取ってカードを出せたときは、気持ちいいし、うれしいね。

ただ、このゲームかなり難しいよ笑。

私も何回かプレイしてるけど、5色すべてを完成させたのは1度しかないからね。

ぜひ腕に覚えのある人はプレイしてほしい。

 

あわせて読みたい記事

 今回はボードゲーム「Hanabi(花火)」のレビューを書いていきます。 ※感想が多いので、ルールは少し雑です!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を! Hanabi([…]

 

 

 

4人で遊べる協力系ボードゲーム【2vs2】

 

コードネーム

コードネーム

引用:Hobby JAPAN

  • ゲーム説明:ヒントから連想して単語を当てろ!
  • プレイ時間:15分
  • プレイ人数:2~8人
  • 協力タイプ:2チームに分かれての対戦

 

〇どんなゲーム?

自分のチームのカードを回答者に選ばせるゲームです。

場にはランダムに選ばれた25枚の単語カードがあります。

この25枚のカードのうち、味方陣営のカードをすべて選ばせたチームの勝利となります。

ただ、回答者はどれが自分のチームのカードなのかわかりません。

なので、ヒントを出す側のプレイヤーは、単語1つでどのカードが自分たちのチームのものなのかを伝えます。

このとき、できるだけ多くのカードを一気に取りたいため、いろんな連想ができる単語をヒントにできると非常にいいです。

先に自分のチームのカードをすべて指摘できた陣営の勝利となります。

 

 

〇知ったかぶりの評価

知ったかぶり

このゲームはとにかく単語から連想できるかが大事なので、ある意味では知識を多く持っていた方が有利かもしれない。

ただ、ヒントを出すのもけっこう難しので、そうそううまくいかないけどね。

一番気持ちいいのは、回答者がヒントをうまく受け取ってくれて、一見関係なさそうに見える単語カードを複数枚ゲットできた時。

これは本当に爽快感がある。

難しい分できたときの嬉しさはかなりあるね。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「コードネーム」のレビューを書きました。 ※感想が多いので、細かいルール説明はありません!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を! コードネームってどんなボードゲーム?[…]

コードネーム

 

 

 

ウルフアンドハウンド

ウルフ&ハウンド

引用:梟老堂

  • ゲーム説明:相手チームの羊を逃がせ!
  • プレイ時間:10~20分
  • プレイ人数:2~4人
  • 協力タイプ:2人vs 2人

 

〇どんなゲーム?

相手チームの柵の中の羊を外に逃がすゲームです。

自分のターンの初めに狼がいると、羊は逃げてしまいます。

でも、ハウンドがいると、逃げた羊を戻してくれます。

これらのアニマルたちは、カードを使うことで移動していきます。

チームメイトとうまく協力して、相手チームの前に狼を置いていきましょう。

 

 

〇知ったかぶりの評価

知ったかぶり

相手チームに狼を置くというよりかは、自分のチームに狼を残さないといったプレイ感が必要かも。

特殊効果のあるカードを入れることで、戦略性がグンと上がるのもいい。

コンポーネントもかわいらしく、童話の中にいるような感じ。

 

 

 

  4人で遊べる協力系ボードゲーム【変化球】

 

スコットランドヤード

スコットランドヤード

引用:メビウスゲームズ

  • ゲーム説明:刑事は協力して怪盗Xを捕まえろ!
  • プレイ時間:45分
  • プレイ人数:3~6人
  • 協力タイプ:1人vsほか全員

 

〇どんなゲーム?

ロンドン市内を逃げる怪盗Xを刑事が協力して捕まえるゲームです。

フィールド上には1~199までのマスがあり、道路や地下鉄などで縦横無尽につながっています。

そのどこかに姿の見えない怪盗Xが潜んでいるため、刑事たちは包囲網を組んで怪盗Xを捕まえるのです。

使える交通手段は、タクシー・バス・地下鉄の3種類。

24ターン以内に逃げ切れば怪盗Xの勝ち、捕まえれば刑事の勝ちとなります。

 

 

〇知ったかぶりの評価

知ったかぶり

ボードゲームの中では珍しい1対多数のゲーム。

プレイしてみるとわかるけど、怪盗側もドキドキするし、刑事側もめちゃくちゃドキドキすんのよ笑。

怪盗Xも完全に見えないわけじゃなくて、24ターンのうち数回顔を出す。

そこからどう移動したかを刑事は考える。

このときの考えている感じは、まさに刑事そのもの。

「どこから包囲するか」みたいなのを考えるのは、本当に楽しい。

怪盗側も刑事たちがぜんぜん見当違いなことを言っていると「シメシメ…」ってなるよ笑。

ただ、プレイ時間は正直90分近くかかることも全然あるから、時間に余裕があるときじゃないとプレイできないかな。

おもしろさは一級品なので、ぜひプレイしてほしい。

 

あわせて読みたい記事

知ったかぶりです。今回は「スコットランドヤード」のレビューを書いていきます。 スコットランドヤードどんなボードゲーム? ゲーム説明:怪盗Xと刑事に分かれて行う逃走劇 プレイ時間:45分 プ[…]

スコットランドヤード

 

 

 

ハントダウン

 

  • ゲーム説明:獲物を狩りつつも仲間を欺け!
  • プレイ時間:15~20分
  • プレイ人数:3~5人
  • 協力タイプ:全員で協力だけど裏切りも

 

〇どんなゲーム?

みんなで協力して獲物を狩りながらも、時には裏切って自分だけおいしい思いをするゲームです。

毎ターン獲物が現れるため、その獲物を倒すために必要な武器を全員で持ち寄ります。

斧・たいまつ・槍を一定数そろえれば、倒すことができ、全員に報酬が行きわたります。

ただ、こん棒を出した場合は話が別です。

武器の数が足りず、さらにこん棒を出したプレイヤーがいた場合は、そのプレイヤーがほかのプレイヤーから得点チップを奪うのです。

協力と裏切りが入り混じった、非常に珍しいボードゲームです。

 

 

〇知ったかぶりの評価

知ったかぶり

ゲームの説明のために裏切りって書いたけど、そんなに深刻なものじゃないよ。

なんなら全員嘘ついてこん棒出す時とかもあるからね笑。

まあとにかく、一度プレイしてみてほしい。

協力と裏切りの要素が両方含まれたゲームってかなり珍しいからね。

みんなで相談しながらもこん棒を出す準備をするのは、めちゃくちゃ悪いことしてる気分になるよ笑。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「ハントダウン」のレビューを書きました。みんなで協力して獲物を倒すのですが、裏切りもあるゲームです。 ハントダウンってどんなボードゲーム? ゲーム説明:獲物を狩りながら仲間を欺け! […]

ハントダウンアイキャッチ

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

4人でプレイできる協力系ボードゲームの紹介は以上となります。
あなたが知らないボードゲームがあったなら幸いです。

 

知ったかぶり
ぜひ4人でプレイしてみてください!
それでは、失礼します。