【ボドゲ】ビッグ・チーズのレビュー|競り落とした仕事を完了しろ

今回はボードゲーム「ビッグ・チーズ」のレビューを書きました。

何点取れるかの核の部分をサイコロで行うゲームです。

 

ビッグ・チーズってどんなボードゲーム?

  • ゲーム内容:競り落とした仕事を終わらせて点を取れ!
  • プレイ時間:20分
  • プレイ人数:3~6人
  • 対象年齢 :10歳~

 

ビッグチーズ

引用:NEW GAMES ORDER

 

 

ビッグ・チーズのルールをざっくり箇条書き

 

コンポーネント

・部下ネズミ:66個(6色×11個)
黒、茶色、オレンジなど、6色のネズミコマが11個ずつあります。

・サイコロ:6個
20面、12面、10面、8面、6面、4面のサイコロです。

・仕事カード:36枚
2,4,6,8,10,12,20,の数字カードが4枚ずつ。
特殊な仕事の「ビッグ・チーズ」カードと「却下」カードが4枚ずつあります。

・トラックカード:9枚
9枚をつなげることで、40マスの道を作ります。
これは現在獲得している点数を示すために使います。

 

 

ゲームの目的

 仕事カードを競り落として完了し、誰よりも先に40点を取る

 

ビッグチーズ2

引用:NEW GAMES ORDER

 

 

ゲームの準備

・トラックカード9枚をつなげておきます。

・各プレイヤーは自分の色の部下ネズミ11個を受け取り、そのうちの1つをトラックカードの0のところに置いておきます。
つまり、スタートの手持ちは10個ということです。

・すべての仕事カードを裏向きにしてシャッフルし、山札として置いておきます。

・適当な方法で親のプレイヤーを決めます。

 

 

アクション

アクションは以下の流れで行います。

  1. 山札からカードを1枚めくる
  2. 仕事カードを競る
  3. 「途中の仕事」から部下ネズミを1個取り除く
  4. 完了した仕事があれば、サイコロを振る
  5. トラック上の部下ネズミを動かす

 

 

①山札からカードを1枚めくる

親が山札からカードを1枚めくります。

このカードが、今回競りにかけられるカードです。

 

 

 

②仕事カードを競る

めくられた仕事カードを競っていきます。
親から時計回りに、出せる部下ネズミの数を宣言します。

誰か1人を除いて全員がパスをしたら、競りは終了です。
競り落としたプレイヤーは、仕事カードを手元に置き、その上に宣言した数だけ部下ネズミを置きます。

尚、仕事カード上にある部下ネズミは、競りで使うことができません。
(後に回収されます)

 

 

③「途中の仕事」から部下ネズミを1個取り除く

  • 途中の仕事=部下ネズミが置かれている仕事のこと

②のアクションが終わり次第、すべてのプレイヤーは自分の手元を確認し、途中の仕事があれば、そこから部下ネズミを1つ回収します。

この回収した部下ネズミは、次の競りで使うことができます。

 

尚、そのラウンドで競りにかけられた仕事カードは、③のアクションの対象外なので、注意してください。

このアクションで誰かの仕事カード上の部下ネズミがすべてなくなったら④へ、そうでなければ、①へ戻ります。

 

 

④完了した仕事があれば、サイコロを振る

途中の仕事上にあったすべての部下ネズミを回収できた場合、仕事を完了したことになります。

仕事を完了させたプレイヤーは、そのカードに書かれた数字の面のサイコロを振ります。
(「12」なら12面のサイコロ、「20」なら20面のサイコロ)

サイコロを振って出た目が、受け取れる得点となるのです。

 

 

⑤トラック上の部下ネズミを動かす

サイコロを振ったプレイヤーは、出た目の数だけトラック上の部下ネズミを動かします。

 

 

ここまで終了したら、①へ戻ります。

前のラウンドでカードを競り落としたプレイヤーが、次の親となります。

 

 

 

 特殊な仕事

仕事カードの中には、数字カードのほかに特殊な仕事が2つあります。
これらの仕事は、完了した後、あるタイミングで使うことができます。

〇却下
場に仕事カードが出たタイミングで使えます。

このカードの効果を使うことで、競りにかけられそうになっている場の仕事カードを捨て札にすることができます。

 

〇ビッグ・チーズ
自分の仕事が完了し、サイコロを振ったタイミングで使えます。

このカードの効果を使うことで、サイコロを1度だけ振りなおすことができます。

ただし、どんな結果になろうと、2回目に振ったサイコロの出目が点数になります。

 

 

 

 ゲーム終了

最初に40点を獲得したプレイヤーが勝者となります。

 

ビッグ・チーズの感想

 

◎最後の最後で運なのがおもしろい

このゲーム、仕事を完了するまでにそれなりに時間がかかるのに、最後に運で決めるのが笑える。

良い目が出れば報われた感じがするし、出なかったら出なかったで「今までの時間は何だったんだ感」が出ておもしろい笑。

競り要素もあるんだけど、こういう系のゲームで盛り上がるのって珍しいな。

真剣さと馬鹿らしさ両方を兼ね備えたゲームだね。

 

 

◎特殊カードの使い方

特殊カードはけっこう大事よ。

たとえば、ビッグ・チーズは、12面とか20面のサイコロを振りなおしたいときに使える。
この振り直しがめちゃくちゃでかいんだよね。

また、却下も意外と使える。
たとえば、取られたくないけど部下ネズミが少ない場合、却下をすることでそのカードをパスできる。

これをいいタイミングでやられると、けっこうへこむよ。

ただ、これらのカードも競り落とさないと使えないので、どのくらい部下ネズミを積むか悩むね。

 

 

〇人を選ぶかも

このゲームは、「積み上げてきたものが成就するか一瞬で砕け散るか」みたいなゲームであり、その最後の部分が運で決まるので、人によっては楽しくないかもしれない。

「何で俺だけサイコロの出目が悪いんだよ」みたいな感じで。

なので、こういうゲームだとわかってプレイできる人にはいいと思うけど、そうでない人は違うゲームをした方がいいかも。

 

 

△ひねった部分はあまりない

ゲームの進行に変化を加えるものが、特殊な仕事くらいしかないかな。

この辺がもうちょいボリュームあったら、もっと盛り上がれそうな気がする。

 

 

 

知ったかぶりの評価

ビッグチーズ評価

けっこうおもしろい。
この「上げてからの急落下」みたいな感じは、他のゲームではなかなか味わえないよ。

 

 

 

こんな人に勧めたい

  • 競り要素のあるゲームを探している人
  • チーズが好きな人
  • 最後の強運を持ってる人

 

あわせて読みたい記事

海老「ビデオ通話しながらできるボードゲームってないのかな?」「コロナのせいで外に出られない!ビデオ通話でもボードゲームしたいな…」 このようなお悩みを解決します。 […]

ビデオ通話アイキャッチ
あわせて読みたい記事

海老「ブラフ系のボードゲームが好きなんだけど、あんまり知らない…」 知ったかぶり任せてください、ご紹介します。   本記事のテーマ【ウソをつい[…]

あわせて読みたい記事

海老「ボードゲームカフェの相席に興味あるけど、どんな感じなんだろう?」 知ったかぶり「お話します!」   本記事のテーマ【実体験】ボードゲーム[…]