【4人プレイ】対戦感の強いボードゲーム7選

エビ
海老
「4人でプレイできる対戦感のあるボードゲームが知りたい!」

 

このような質問に答えていきます。

 

 本記事のテーマ

【4人プレイ】対戦感の強いボードゲーム7選

 

 

文字通り、「対戦」というワードを強く感じられるゲームを挙げていきます。

どんなゲームかをわかりやすく伝えたいので、【バチバチ型】【水面下型】に分けました。
それぞれ、こんなボードゲームを紹介しています。

 

  • バチバチ型 ・・・目に見えるところで、激しいぶつかり合いが行われる。時には、特定のプレイヤーを狙い撃ちすることも。プレイしてる時の声は、「おいいいい!」「こっち来るんだ?」「俺とやんの?」「ああ~、そこ置くんだ」みたいな感じ。
  • 水面下型・・・表には出さないけど、確かに勝負は起きている。プレイしてる時の声は、「ふ~ん」「なるほどねえ」「いや~、どうかな」みたいな感じ。

 

あくまで私個人がどう思ったかなので、この区分けは参考程度にしてください。

それでは、ご紹介していきます。

 

4人対戦のボードゲーム【バチバチ型】

 

まずは、バチバチ型からご紹介していきます。

友人とプレイするときは、煽り合い必須です笑。

 

コリドール

コリドール

引用:Gigamic PLAY Department Store

  • プレイ人数:2or4人
  • プレイ時間:10分~

 

どんなゲーム?

自分のコマを相手よりも早く対岸へ運ぶゲームです。

アクションは、コマを動かすか壁を置くかの2択。

うまく壁を配置して、相手を遠回りさせましょう。

 

 

バチバチポイント

 

知ったかぶり

この壁を置くという行為が、直接相手の邪魔をすることになります。

特に4人プレイの場合は、特定の1人に対しての邪魔なんてことがよくあるため、バチバチの勝負になりやすいです。

壁を上手く置かれてめちゃくちゃ遠回りすることになると、「クソおおおお!」ってなりますね。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「コリドール」のレビューを書きました。 ※感想が多いので、細かいルール説明はありません!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を! コリドールってどんなボードゲーム?[…]

コリドール

 

 

 

ブロックス

ブロックス

引用:MATTEL

  • プレイ人数:2~4人
  • プレイ時間:20~30分

 

どんなゲーム?

ボード上にできるだけ多くのブロックを配置していくゲームです。

ブロックを置くときは、角と角が接するようにしなければいけません。

ブロックの大きさも、1~5マス分と様々です。

うまく配置して、ブロックを置き切ることを目指しましょう。

 

 

バチバチポイント

 

知ったかぶり

このゲームは、自分の置きたい場所を確保するために、相手のほうへズンズンと進んでいく必要があります。

また、角をくっつけなきゃいけないというゲームの性質をうまく使い、相手のブロックの角をつぶすなんてこともできます。

そのため、プレイ中は「ほ~、こっち来るんだ」みたいな会話が生まれやすいです。笑

コリドールよりは穏やかですが、自分の範囲を侵略してくるのが目に見えてわかるますからね。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「ブロックス」のレビューを書きました。 ※感想が多いので、細かいルール説明はありません!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を! ブロックスってどんなゲーム?&nb[…]

ブロックス

 

 

 

ごきぶりポーカー

ごきぶりポーカー

引用:メビウスゲームズ

  • プレイ人数:2~6人
  • プレイ時間:20~30分

 

どんなゲーム?

相手の宣言が嘘かどうかを見抜き、嫌な動物を引き取らないようにするゲームです。

使うのはネズミやクモ、コウモリなどの8種類のカード。
アクションでは、ほかのプレイヤー一人にカードを差し出しながら動物名を宣言します。

相手は、差し出されたカードの動物と宣言の動物が同じなのかどうかを見極めましょう。
みごと見極められれば、カードは相手のもとへ、見極められなければ、カードを引き取らなければなりません。

もしもわからなければ、一度引き取り、別のプレイヤーへ判断を委ねることもできます。
一定数の嫌な動物を集めてしまった時点で、負けとなります。

 

 

バチバチポイント

 

知ったかぶり

基本アクションは1対1です。

また、「嘘をつく」ことが肝のゲームなので、必然的にバチバチになるでしょう。

カードを誰に渡すかも自由に選べるので、引き取った数が少ないプレイヤーを狙い撃ちすることもできます。

 

あわせて読みたい記事

知ったかぶりです。今回は、ボードゲーム「ごきぶりポーカー」のレビューを書いていきます。 ※感想が多いので、細かいルール説明はありません!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を! […]

ゴキブリポーカー

 

 

 

モンスターメーカー

モンスターメーカー

引用:Arclight Games

  • プレイ人数:2~6人
  • プレイ時間:30分

 

どんなゲーム?

迷宮に入り、宝を持ち帰るゲームです。

アクションは、①迷宮を進む、②モンスターを配置する、③モンスターを倒すの3つから選びます。

特に重要なのが③です。

置かれたモンスターを倒さなければ先に進めないのですが、倒すにはダイスで良い目を出さなければなりません。

使うカードによって振れるダイスの数も変わりますが、先のことも考えると温存しておきたいという思いもあります。

ここをうまく乗り切れば、誰よりも先に宝を持ち帰ることができるでしょう。

 

 

バチバチポイント

 

知ったかぶり

モンスターの配置は、誰か一人に対して行います。

もうこの時点でバチバチです。笑

それに加え、モンスターの強さによっては、一発で倒せないこともしばしば。

やっとの思いで倒したと思ったら、またモンスターを置かれる。

火花が散ること間違いなしです。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「モンスターメーカー」のレビューを書きました。 ※感想が多いので、細かいルール説明はありません!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を!  モンスター[…]

モンスターメーカー

 

 

 

4人対戦のボードゲーム【水面下型】

ここからは、水面下型のボードゲームについて書いていきます。

表には出さないながらも、心の中ではかなりバチバチしていますよ。

 

 

ワンナイト人狼

ワンナイト人狼

引用:ワンナイト人狼 公式ストア

  • プレイ人数:3~7人
  • プレイ時間:10分

 

どんなゲーム?

一夜のみの人狼ゲームです。

使うのは、役が描かれたタイルのみ。

本家人狼ゲームのように何夜もやらないので、人狼をプレイしたことのない初心者の方にもおすすめです。

もちろん、プレイ中のドキドキ感は人狼そのものですよ。

選ばれた役職をまっとうし、自分の陣営を勝利に導きましょう。

 

 

水面下ポイント

 

知ったかぶり

やはり人狼といえば、水面下での探り合いが肝でしょう。

市民側は、しっかりと推理をして狼をあぶりだす。

人狼側は、口八丁手八丁で場を混乱させる。

誰が誰だかわからない、疑心暗鬼になるようなこの感じは、やっぱり人狼でないと味わえませんね。

手軽ながらも、負けたときはやっぱり悔しいもんですよ。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「ワンナイト人狼」のレビューを書きました。村人側は議論の中で人狼を見つける、人狼側は見つからないようにするゲームです。 ワンナイト人狼ってどんなボードゲーム? ゲーム説明:人狼を探し[…]

ワンナイト人狼アイキャッチ

 

 

 

ゲシェンク

ゲシェンク

引用:メビウスゲームズ

  • プレイ人数:2~5人
  • プレイ時間:20分

 

どんなゲーム?

マイナス点の数字カードを引き取るか、チップを払ってパスをするかというゲームです。

払ったチップはどんどん積み上げられていき、そのカードを引き取るときに一緒に受け取れます。

なので、タイミングを見計らってカードを回収することも重要です。

また、連続した数字カードを引き取った場合、マイナス点は一番小さい数字カードだけというのもおもしろいルール。

たとえば、23,24,25を引き取っていた場合は、23のみがマイナス点となります。

自分がパスするべきカードともらってもいいカードをうまく見極められるかが、勝利へのカギとなります。

 

 

水面下ポイント

 

知ったかぶり

やはり、カードを引き取るタイミングが重要です。

チップを出し続けているとなくなってしまうので、必ずどこかで受け取らなければなりません。

であれば、できるだけチップが溜まった状態で欲しいですよね。

だけど、「次回ってきたら取るぞ!」と思っているときに限って、自分の前で引き取られてしまうんです。

その時の友人の顔、「お前も取りたかったんだろ?」感がすごいです。

2択を間違えずに選べるかが大事です。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「ゲシェンク」のレビューを書きました。 ※感想が多いので、細かいルール説明はありません!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を! ゲシェンクってどんなボードゲーム?[…]

ゲシェンク

 

 

 

タイニータウン

タイニータウン

引用:株式会社ケンビル

  • プレイ人数:1~6人
  • プレイ時間:45分

 

どんなゲーム?

4×4マスのボード上に、できるだけ得点の高い建物を建てていくゲームです。

ボードは各プレイヤーに1枚ずつ配られ、各々そこに建てていきます。

アクションは、手番のプレイヤーが宣言した資源を全員が配置し、建物が建てられるなら建設するという感じです。

建築できる建物は、1ゲームで7種類(特殊カード含めて8種類)。

それぞれ資源の置き方が異なるので、うまく配置することが重要です。

また、4×4マスのボードがすべて埋まってしまったプレイヤーは、その時点で脱落なので、いろいろな形に対応できる置き方を心がけましょう。

 

 

水面下ポイント

 

知ったかぶり

資源を宣言するときは、自分が必要かどうかだけでなく、相手にとっていらないかどうかも考えられるとグッドです。

それをうまくやられると、いらない資源ばかりを置かなければいけないので、脱落する確率も高くなります。

本来、自分のための宣言ですが、こういったところも考えると、水面下での小競り合いみたいなものがあるなと感じます。

 

あわせて読みたい記事

今回はボードゲーム「タイニータウン」のレビューを書きました。 ※感想が多いので、細かいルール説明はありません!ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を! タイニータウンってどんなボードゲー[…]

タイニータウン

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

特に仲のいい友人とプレイするときなんかはピッタリですよ。
ほぼ必ず煽り合いが始まりますからね。笑

タイプは違いますが、どれもおもしろいゲームなのでぜひプレイしてみてください。