【ボドゲ】ごきぶりポーカーのレビュー

知ったかぶりです。

今回は、ボードゲーム「ごきぶりポーカー」のレビューを書いていきます。

 

※感想が多いので、細かいルール説明はありません!
ツイッターの画像と大まかな説明でご勘弁を!

 

ごきぶりポーカーってどんなボードゲーム?

 

・ゲーム説明:嘘を混ぜながら、いやな動物たちを押しつけあう!

・プレイ時間:20~30分

・プレイ人数:2~6人

 

コンポーネント

 

ごきぶりポーカーの特徴とルールをざっくり箇条書き!

 

コンポーネント

・カード:64枚
ゴキブリ、クモ、サソリ、カメムシ、ハエ、カエル、ネズミ、コウモリの8種類の動物が8枚ずつあります。

 

ゲームの準備

・すべてのカードを裏向きにしてシャッフルし、各プレイヤーに均等になるように配りきります。

 

アクション

・はじめのプレイヤーは自分の手札から一枚選び、誰か一人のプレイヤーに、カードに描かれた生き物の名前を宣言しながら伏せて渡します。

・この時、本当のことを言ってもいいし、別の動物の名前を宣言してもいいです。

 

・カードを差し出されたプレイヤーは、2つのアクションからどちらかを選びます。

  • 宣言が「本当」か「嘘」かを当てる
  • 判断を他のプレイヤーに委ねる

 

 

① 宣言が「本当」か「嘘」かを当てる

宣言とカードの内容があっている(本当)か間違っている(嘘)かを答えます。

答えたら、カードをオープンします。

宣言した動物とカードの動物が同じ場合→「本当」
宣言した動物とカードの動物が違う場合→「嘘」

 

  • 相手の宣言を見破った場合
    →カードを渡した側のプレイヤーが引き取り、表向きにして自分の前に置く
  • 相手の宣言を見破れなかった場合
    →答えたプレイヤーがカードを引き取り、表向きにして自分の前に置く

 

カードを受け取ったプレイヤーが、次に手札からカードを差し出すプレイヤーになります。

 

 

 

② 「本当」か「嘘」かの判断を、ほかのプレイヤーに委ねる。

「本当」か「嘘」かを答えないままカードを受け取り、自分だけでそっと確認します。

そのカードを再び伏せたら、ほかのプレイヤーにカードに描かれた生き物の名前を宣言しながら渡します。

この時、はじめのプレイヤーと同じ宣言をしてもいいですし、他の動物の名前を宣言してもいいです。

 

・また、受け取ったプレイヤー以外が、そのカードの中身を確認している場合、受け取ったプレイヤーは①のアクションしかできない。

 

 

 

 ゲームの終了

どちらかの状態になったプレイヤーがいたら、そのプレイヤーの負けとなります。

  • 同じ種類のカードを4枚集めてしまった
  • 手札がなくなった

 

追加ルールとして、「ひとりのプレイヤーが8種類すべてのカードを集めた場合でも負け」というのがあるのですが、これは入れたほうが面白いです。

 

※2人プレイの場合は少しルールが変わります。

 

 

 

ごきぶりポーカーの感想

 

◎本当でも嘘でも盛り上がる!

ルールは単純だけど、想像以上におもしろい。

嘘を見破れるかどうかというゲームなので、当たってもはずれても盛り上がる。

嘘をつくのが嫌だとか苦手という人はやめたほうがいいかも。

 

 

◎人への押しつけが、ゲームを何倍もおもしろくする!

ほかの人に差し出されたカードが、巡り巡って自分の前に来ると「もう~!」ってなる。

あと、友人3人とやったとき、私があとコウモリ1枚で負けっていう状況で、作戦会議とかしたわけじゃないのに、全員「コウモリ」って宣言して最後私のところにカードよこす。

 

そして、まったくコウモリじゃない「サソリ」のカードだったっていう謎のチームプレイかましてくるし、おかげで負けリーチがさらに増えてく。笑

何度かやってるとこういったプレイも出てくるから楽しい。

 

 

○6人だと多いかも

6人だと、アクション数に偏りができてしまうことがある。

このゲーム自体が、全員に手番が来るような仕組みになっていないからね。

なので、プレイするなら3~5人かな。

 

 

△絵柄がいやな人はいやかも

絵自体はかなりデフォルメされているけど、それでもいやという人はいるかもしれない。

購入を考えているなら、事前にカードのデザインをしっかり見ておくことをおすすめする。

 

 

知ったかぶりの評価

ごきぶりポーカー評価

なかなかにおもしろい。

当てられたら盛り上がるし、当てられなくても盛り上がるからね。
ただ、嘘をつくことが前提のゲームなので、苦手な人は苦手かもしれない。

 

 

 

こんな人に勧めたい

  • 手軽にできるブラフ系ゲームを探している人
  • 旅行に持っていけるような、コンパクトなゲームを探している人
  • 個人プレイより人と関わりのあるプレイがしたい人